« 民主党代表選に思うこと | トップページ | リラックスして。 »

2011年8月31日 (水)

新しい首相は正直者か?それだけでいいのだが。

幹事長に興石東、政調会長に前原誠司、国対委員長に平野博文、財務大臣に岡田克也というニュース。
小沢一郎さんに近い輿石さんは、与野党合意をひっくり返せるだろうか・・・できないでしょう?
鳩山由紀夫さんに近い平野さんは、国会を回すために、政策面での妥協を余儀なくされるでしょう?
政策の責任者に自分と考え方が近い前原さんを置き、財務面でも自らの政策に反対してない岡田さんを配置する。
いわゆる「親小沢派」には与野党折衝の現場を任せ、「反小沢派」には制作の立案、実施の重要ポストを任せる。
官房長官に誰を起用するかが問題だけれども、ここまでは強かな印象。
案外いけるかもしれないなという気持ちもあるけれど、狙って配した輿石、平野が抵抗すれば、ハナから政権は行き詰まる。
やっぱりここも小沢一郎さん次第なのか。

小沢一郎さんには、一度、責任あるポジションで仕事をしていただきたいと思ってきたけれど、そろそろもうそれも時代が要求しなくなっているのかもしれない。
私もそれほど大きな期待が持てなくなった。というのは、被災地選出の実力者が復興のために何らコミットしているように見えないからだ。
それは、マスコミが意図的に報道していないのかもしれないけれど、「国民の生活が第一」と言うのなら、もっとがむしゃらに被災地のために働く実力者の姿を見ることが出来ても良さそうなものだと思うけれど、そんな姿が伝えられることはなかった。

参議院で多数を握れていないのだから、新たな枠組みを作らない限り、2009年民主党のマニフェストを実行していくことはできない。
できないことはできないのだから、あたかもできるように言っている人がいたら、その人は嘘つきだ。

新しい首相が少なくとも平気で嘘をつく人でないことを祈る。

|

« 民主党代表選に思うこと | トップページ | リラックスして。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新しい首相は正直者か?それだけでいいのだが。:

« 民主党代表選に思うこと | トップページ | リラックスして。 »