« Oのこと | トップページ | 国母選手の服装について »

2010年2月13日 (土)

ライバルのいない不幸

朝青龍関が引退を決めた途端、彼に対するマスコミの論調は少し優しくなった。
自分たちが彼を引退に追い込んだわけではないと言いたいのかもしれない。

本場所中に朝方まで酒を飲み、記憶がなくなるまで泥酔するのは、いくらなんでもどうかと思う。
しかし、彼は勝ち、優勝までしてしまうのだから、文句は言えない。
文句を言うとしたら、そんななめた奴に幕内最高優勝をさらわれた他の力士たちに言わなければならない。

朝青龍関は、相撲協会を日本社会をなめていた。
まだ戦える力を充分に残しながら、引退しなければならなかったのは、身から出た錆と言えると思う。
だから、私は、朝青龍関を「気の毒に」と思う気持ちはない。
内館さんが言ったように、彼は相撲協会に、日本社会に対する敬意が足りなかった。
敬意を払わない人物に高額の報酬を払い続ける理由はないではないか。

朝青龍関は「一人横綱」を21場所つとめた。
「一人横綱の重圧」とか言うけれど、言い換えれば、その間強力なライバルがいなかったということになる。
朝青龍関と曙関、若乃花関との対戦はなく、貴乃花関には2戦して2敗、武蔵丸関とは9戦して4勝、白鵬関とはほぼ互角の対戦成績ではなかったかと思う。
強いものには、やっぱり勝てなかったのだ。
ライバルがいなかったということが、結果的には、彼のためにならなかったということなのだろうと思う。

朝青龍関のマスコミ対応を見ていると、「酷いなぁ」と思う。
こんな対応をしているから、マスコミにたたかれるのだと思う。
しかし、ライバル不在で、たいして稽古をしなくても勝ち続けることができた若者が増長するのは、当たり前だ。
やっぱり、ライバルに恵まれなかった朝青龍関は不幸だったのだなと思うしかない。

|

« Oのこと | トップページ | 国母選手の服装について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ライバルのいない不幸:

« Oのこと | トップページ | 国母選手の服装について »