« 心豊かになる、うまい酒を飲もうじゃないか。 | トップページ | 沖縄米軍基地をめぐる的外れで無責任な議論 »

2009年10月27日 (火)

鳩山首相所信表明演説

鳩山内閣発足から40日。不安な点を上げればキリがないけれども、今日の所信表明演説は、民主党への国民の期待をしっかり受け止めていることが感じられて、とても良かったと思う。
(所信表明演説全文)http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009102600411

自民党の谷垣総裁は、鳩山首相の演説を「感傷的」と評していた。具体性に欠けるという論評がそこここで見られた。
けれども、所信表明演説というのは、具体的にあれはこうしますと言えばいいというものではないのではないか。
皆が賞賛したアメリカ大統領バラク・オバマの就任演説はどうだったか?

鳩山首相は政権運営にあたって、自らの基本的な考え方、思想、哲学を述べられた。それでいいと思う。
そして、その内容は国民の期待に沿ったものだったと思う。

残念だなぁと思ったのは、2点。
力を貸してくれと言うのは良かったけれど、そういうのであれば、そのへんは具体的にしなければならなかった。国民に負担してもらわなければならないことを 明らかにするべきだったと思うことと、バラク・オバマの「YES, WE CAN」のような象徴的なキャッチフレーズを挟み込めなかったこと。

谷垣自民党総裁は、鳩山首相の演説を「感傷的」と評したけれども、実際は、谷垣さん自身感じるものがあったのではないだろうか。そんなふうに見えた。
自民党がやってきたことを否定している部分も多分にあるし、立場上、ほめるわけにもいかないのだろうけれど、もっと素直な感想を言ってもいいのではないかと思う。そうした率直さが国民が持っている政治に対するイメージを変えていくのだと思う。

ついこの間まで、ほぼ60年間にわたって政権を運営していた自民党勢力が野党になっているわけだから、追求の仕方によっては、自民党は自らがこれまでやっ てきたことを否定しなければならなくなる局面になる。これは、率直に是々非々論を展開するいい機会なのではないかと思う。

長妻昭厚労相が日本年金機構の発足を決めたのは、自治労の働きかけがあったという報道が一部あるだけになおさら、残念だ。
発表では、就職内定が決まっている人たちに配慮したということのようだけれど、説明が十分でない。日本年金機構のような組織では、年金制度を立て直せない とご本人が言っていたではないか。それを断念するには、もっと納得のいく説明が必要だし、自治労の働きかけに配慮したというようなことであれば、特定の組 織のために政治を歪めたことになってしまうから、民主党が批判してきた自民党政治と同じということになって、国民の支持が得られない。

本格的論戦の始まる臨時国会には、これまでとは違った、国民目線の議論を望みたい。

|

« 心豊かになる、うまい酒を飲もうじゃないか。 | トップページ | 沖縄米軍基地をめぐる的外れで無責任な議論 »

コメント

こんにちは。ブログ拝見しました。
とても興味深い記事をありがとうございます。
また伺いますのでよろしくお願いいたします。

投稿: とりぽす | 2009年10月27日 (火) 10時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相所信表明演説:

« 心豊かになる、うまい酒を飲もうじゃないか。 | トップページ | 沖縄米軍基地をめぐる的外れで無責任な議論 »