« ドラゴンクエストは今後ユーザーの支持を失うだろう。 | トップページ | 茶番の先に民主主義はあるのか。 »

2009年7月13日 (月)

政治家の劣化が止まらない。けど希望は捨てない。

「都議選結果は大迷惑」 石原都知事
「東京にとって大迷惑」――。石原慎太郎知事は13日、東京・千代田の都道府県会館で報道陣の取材に応じ、疲れきった様子で今回の選挙戦を振り返った。
民主党が第1党を獲得したことについて「民主党の『政権交代』というポスターひとつ見ても今度の選挙の本質というのがよくわかる」と述べ、「銀行である とか築地であるとか。議会でもさんざん討論してきたが、(都議選で)そんな議論が実際どこで行われたか」と国政の逆風が大きく影響したことを強調。「2週 間前に(選挙運動を)始めた候補が自民党のエースのなかのエースを破るという現象は異常ですよ」と話した。
次期衆院選が迫っていることについては「(麻生首相のままでは)だめだね。民衆の離反がわからないのは空気が読めない、『KY』というのか。重い責任があると思う」と話した。
(NIKKEI NET 2009年7月13日13:47)

「日本の兵隊は世界一優秀。だから、リーダーが育たない」という話をどこかで聞いたことがある。
なんとなく合点がいった。

「どうして(計画された)数字が達成できないのか」
社長が役員に言うと、役員は部長に同じことを言い、部長は課長に同じことを言う。課長は係長に同じことを言って、係長は一般社員にやっぱり同じことを言う。
一般社員は「どうもすいません」と謝り、どうしたら数字が上がるのか考える。係長は課長に謝り、課長は部長に謝り、部長は役員に、役員は社長に謝る。
どうしたら数字が上がるのかを考えるのは誰の役割なのか。日本では一般社員の役割のようだ。
「信じられない」南米人の友人は言った。
「私はあなたの言うとおりにしているだけだ。結果に責任を持つのはあなたの仕事だ」
「私ならそう言う。そうだろう?」
「私もそのとおりだと思う。けれど、日本では違う」
「信じられない」南米人の友人は繰り返した。

石原都知事が言うように、都議選での自民党の負け方は異常だった。
国政での逆風が大きく影響していたことは間違いない。
異例なてこ入れをしたにもかかわらず、都議選と国政はまったく関係ないと言い放つ総理も尋常でない感覚の持ち主だと思うけれど、都議選の結果には少なから ず石原都政に対する批判も含まれていたはずなのに、(負けたのは)みんな麻生のせいだと言う石原都知事の感覚も尋常でない。KYはお互い様ではないかと思う。目くそ鼻くそを笑うというのはこういうことだ。

新銀行東京に東京都が追加融資400億円を決めたとき、石原都知事は、経営者を選んだ責任は認めたものの、「オレならもっと銀行を大きくできた」と何の根拠もないことを言い放って、失笑を誘った。「なら、やってみろ、ボケ!!」銀行屋さんたちはみなそう思っただろう。
自分はすべてにおいて人よりも優れていると思ってしまうのは、自信家というより、馬鹿である。石原都知事はその馬鹿の領域に達していた。都民にとってはこの上なく不幸なことだ。KYどころの話ではない。

自分はとても優秀なのに、部下が無能だから、結果が出ない・・・そう思っている人はたくさんいる。
そう思っている人は、ミニ石原の称号を差し上げる。
そういう人たちは、早く気づくべきだ。
結果が出ないのは、自分が無能なのだ。
そう思えることができれば、もともと優秀な人が多いのだから、日本は変われるはずだ。

|

« ドラゴンクエストは今後ユーザーの支持を失うだろう。 | トップページ | 茶番の先に民主主義はあるのか。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 政治家の劣化が止まらない。けど希望は捨てない。:

« ドラゴンクエストは今後ユーザーの支持を失うだろう。 | トップページ | 茶番の先に民主主義はあるのか。 »