« 東国原知事は自重して欲しい | トップページ | ドラゴンクエストは今後ユーザーの支持を失うだろう。 »

2009年7月 6日 (月)

地方から国を変えようという知事たちは、どうして静岡県知事選挙に関与しなかったのだろうか。

衆議院議員選挙の前哨戦として注目された静岡県知事選挙は、民主、社民、国民新3党が推薦した静岡文化芸術大前学長、川勝平太さんが当選した。

民 主党は、同党の元参議院議員の海野徹さんとの候補一本化に失敗していたから、民主党支持層の票が割れたりするようなことごあれば、ひょっとするとひょっと するかもしれないと、日曜日の夜唯一のニュース番組「サキヨミ」を見ていた。一本化していれば、この番組の前に大勢は判明していたと思うが、もつれにもつ れて、結局、当選確実の報は、ウィンブルドンテニス男子決勝の間に入ったニュースでもたらされた。

なんとなく、ホッとした。
この結果自体は、織り込み済みのことだから、新たなインパクトはない。
ホッとしたのは、坂本由紀子という人が知事にならなくて良かったという気持ちがあったからだ。

そういう気持ちになったのは、サキヨミで紹介された坂本由紀子さんの言動にある。
「私は全然自民党じゃないのよ。その証拠に猪口とか、一年生議員、その程度の人しか応援に来ていないでしょ」
このコメントがいつ撮られたものかは分からない。報道によれば、小池百合子元環境相、野田聖子消費者担当行政相が応援に入っているから、その前なのかもしれない。
「自民党静岡県連の要請を受けて、(残りの任期は少ないけれど)参議院議員の椅子を擲って、立候補しているのに、自民党本部はどうして猪口程度の応援しか寄越さないの」坂本さんはそう言いたかったのかもしれない。

しかし、「猪口程度の1年生議員」という発言はどうだろう。
小 泉さんの起こした「風」によって、何の苦労もなく衆議院議員になった比例候補の猪口さん(しかもすぐに入閣して大はしゃぎ、しかも上智大学の講座は長期休 講中)に対する気持ちは、分からないでもないが、それを口にするのは、あまりにも大人気ない。自民、公明の推薦を受けていて、自民党公認の参議院議員で あったのに、「全然自民党じゃない」と言ってしまうのは、自民党という看板がマイナスにしかならないという計算が透けて見えて見苦しい。

自 民党の公認で参議院議員になり、自民党静岡県連の要請を受けて県知事に立候補した。ガリガリの自民党であり、その組織に乗っかって(その組織の多くの人に 支えられて)今の立場があるにもかかわらず、形勢不利と見るや「全然自民党じゃない」と言ってのける。厚顔無恥というのは、こういうことをいうのではない か。
今の情勢からすると、2期目の参議院選挙は危ないかもしれない。それよりも民主党が割れている今回の知事選の方が勝ち目があるかもしれない・・・そう考えたのかなと勘ぐりたくなる。

ちょっと長くなったけれども、こういう人が一旦権力を握れば、県民のためでなく、自分のために政治を動かすことになるだろうから、こういう人を間違っても県知事という要職につけてはいけないなと感じたので、川勝さん当選の報にホッとしたわけだ。

しかし・・・。
今、地方から国を変えようという動きが出ているにもかかわらず、その動きの中心にいる人たちが静岡県知事選挙に何も関与しないというのは、どうしてなのだろう。
仮に民主党の推薦をうけられなかった海野さん(別の候補でもいいけれども)を地方から国を変えようと立ち上がっている首長たちが支援していたら、結果はまた違ったものになったと思う。志ある首長たちが支援する候補が勝ったかもしれない。
そうやって、地方分権を進めて、国のあり方を変えて行こうという、自民党でも民主党でもない勢力が広がっていけば、実現不可能な東国原自民党総裁よりも大きな力になるのではないかなと思うのだけど、どうしてそういう動きが出てこなかったのだろうか。それが少し残念だ。

|

« 東国原知事は自重して欲しい | トップページ | ドラゴンクエストは今後ユーザーの支持を失うだろう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方から国を変えようという知事たちは、どうして静岡県知事選挙に関与しなかったのだろうか。:

« 東国原知事は自重して欲しい | トップページ | ドラゴンクエストは今後ユーザーの支持を失うだろう。 »