« おごれるもの久しからず | トップページ | 東国原知事は自重して欲しい »

2009年6月10日 (水)

かんぽの宿売却の判断は正当だったのか。それが議論の焦点だ。

鳩山総務相、日本郵政・西川社長の面前で辞任要求「独自判断で」
日本郵政の
西川義文社長の進退問題をめぐり、参院総務委員会は9日、鳩山邦夫総 務相と西川氏が出席して集中審議を行った。鳩山氏はかんぽの宿譲渡問題を厳しく批判し、「国民の財産をかすめ取られそうになった責任を取ってほしい」と西川氏の面前で辞任を要求。一方、西川氏は「民営化の土台を築くことが私の責務だ」と続投の決意を改めて表明した。早期収拾を願う政府・与党は一歩も譲らぬ 両者に困惑の色を深めている。
鳩山氏は、日本郵政が今月末までに総務省に提出予定の報告書の文案をすでに読んだことを明らかにし、「自分たちはこういう間違いを犯したから、こういう反省をしているという部分が 一行も見あたらない」と切り捨てた。首相サイドは報告書提出を契機に、鳩山、西川両氏を和解させようと画策していたが、これで望みが絶たれた。

また、鳩山氏は、日本郵政取締役人事の認可権について「総務相の独自判断でやれる」と説明。「政争とか選挙はまったく関係ない。国民の常識が政界の常識、私の常識でなければならない」と強気の姿勢を崩さなかった。

これに対し、
河村建夫官房長官は、「麻生太郎首相は関係閣僚に調整を指示した。財務相を排除して物事が進むものでもない」と述べ、鳩山氏の独走を牽制(けんせい)。自民党の大島理森国対委員長も「おれが正義で向こうは違うという言動は政治家として慎むべきだ」と述べ、鳩山氏を批判した。
首相は5日夜、
首相公邸でひそかに鳩山氏と会い、説得を試みたが、不調に終わったようだ。首相サイドはなお妥協案を模索しているが、ある政府高官は「落としどころはいくつかあるのに鳩山氏に受け入れるムードはない」とこぼした。
(産経ニュース 2009.6.9 19:08)

マスコミは、西川さんが辞める、鳩山さんが辞める、どっちも辞める、どちらも辞めないという話に終始している。森元首相は「喧嘩両成敗」と訳の分からないことを言っている。

この問題は、かんぽの宿をオリックスに売り渡そうとした行為が正しい経営判断だったのか否かということが焦点なのではないだろうか。
西川さんと西川さんを支持する人たちは正しい経営判断だったと思っているし、鳩山総務相は国民の財産を掠め取る行為だったと思っている。
西川さんははっきりと言わないけれど、両者の溝はそこにあるように思う。西川さんはきっと腹の底で「ド素人が何をホザくか」と思っているに違いないのだ。

市場原理でやろうぜっていうのがスタートだったから、かんぽの宿売却に関しては、まずちゃんと市場原理が働いていたのかということが問題だ。鳩山総務相は そこを問題にしている。確かに入札の過程で不透明な部分もあったように思う。ただ、オリックスが落札したこと自体は大した問題ではない。自由公平な競争の 中で(だったとしたら)高値をつけた者が落札するのは当たり前のことだ。

オリックスが手を引いて、かんぽの宿は日本郵政が経営しているわけだけれど、それでどのくらい赤字は膨らんだのだろうか。自由公平な入札をやり直したら、オリックスが提示した金額よりも高い金額で買うというところは現れるのだろうか。
そんなものを作った郵政官僚が一番悪いわけだけれど、それを横に置いて考えれば、結果的にどちらの判断がより国民の財産を毀損させずに済むのかということは重要だ。

ツヨシくんの件で男を下げた鳩山総務相だけれども、「落としどころなどない」という彼の意見は正論だ。
国民の財産がかかった問題で、真実を明らかにしようとしないで、問題を鳩山総務相と西川社長の対立に矮小化し、「落としどころはいくつもある」とか言っている政府高官や「喧嘩両成敗」とか言っている森元首相は、かんぽの宿がいったい誰のものだと思っているのだろう。

聞くところによると、小泉元首相が三顧の礼で迎えた西川社長を更迭するわけに行かないと発言する議員もいるそうだ。まったく感覚がずれている。永田町の論理で何もかもが決まって、国民は何も文句を言わないというのは、もう一時代も二時代も過去のことだ。

鳩山総務相も西川社長も国民の前で自らの主張を堂々とぶつけ合えばいい。マスコミはそれを伝え、検証して欲しい。それが正しい姿なのではないだろうか。

|

« おごれるもの久しからず | トップページ | 東国原知事は自重して欲しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かんぽの宿売却の判断は正当だったのか。それが議論の焦点だ。:

« おごれるもの久しからず | トップページ | 東国原知事は自重して欲しい »