« 安さだけで買うな。 | トップページ | ミニバス試合観戦 »

2009年1月30日 (金)

国民は選挙を望んでいる

関連法成立前の支給案が浮上=定額給付金で政府・与党
2008年度第2次補正予算に盛り込まれた2兆円の定額給付金について、政府・与党内に29日、財源の財政投融資特別会計の「埋蔵金」を取り崩すための 2次補正関連法案の成立前に支給する案が浮上した。野党が関連法案の審議を引き延ばせば年度内の支給が困難となるためだが、実際に成立前の支給に踏み切っ た場合は野党の反発は必至だ。
関連法案成立前の支給は、自民党の伊吹文明前財務相が同日の伊吹派総会で提唱。伊吹氏は「政府短期証券を発行し、資金繰りを付けて、後に償還する仕組み で支給できる。法案が成立しないと支給できないというが、そういう法制上の縛りはない」と述べるとともに、「一カ月以内に必ず給付を始めるということで、 麻生太郎首相が指導力を発揮してやればいい」として、首相に決断を促した。
これに関し、河村建夫官房長官は記者会見で、伊吹氏の提案について「財政法上できないことはない。伊吹氏の提言を検討して、内閣の統一見解を求めなければならない」と表明した。
(時事通信 1月29日)

国民の8割が「ばらまき」と批判的(FNN合同世論調査http://sankei.jp.msn.com/politics/situation /081201/stt0812012135002-n1.htm)な定額給付金を政府はどうしても配りたいらしい。国民に支持されない政策をどうして意 地になって進めようとしているのか、私には分からない。

給付金が配布されると、我が家は、夫婦と子供一人だから、12,000円×2+20,000円=44,000円が支給されることになる。
賞与はすずめの涙。その上、給与カットの憂き目に遭っている我が家の家計にとって干天の慈雨であることは確かだ。
悲壮な決意で晩酌のビールを減らさなければと思っていた私にとって、ノドから手が出るほど欲しいお金である。
どこの家庭でも多かれ少なかれ似たような状況ではないかと思う。
けれども、給付金に批判的な国民が多いのはなぜだろう。

このご時勢で自分はまだ恵まれた方だ。世の中にはもっと苦しんでいる人がいる。臨時収入はありがたいけれど、そんなお金があるのなら、自分よりも辛い立場にいる人たちのために、あるいは未来のために使ってもらいたい。多くの国民はそう思っているのではないだろうか。

うろ覚えだけれど、HONDAの創業者・本田宗一郎さんの逸話としてこんな話を聞いたことがある。
新しい技術の開発にのめりこんでいた本田さんは、それを実現するための機械設備にお金を使いすぎて、うっかり社員の賞与資金まで注ぎ込んでしまった。申し 訳なく思った本田さんは社員を集めて事情を話して詫びた上で、この投資が将来どんな未来を作るか、その可能性について熱く語った。
社員は不満を持って集まったはずである。ところがやがて、会場からは拍手が起こり、「親父!お前の好きなようにやれ!」という声が飛んだ・・・という話だ。
リーダーシップというのは、こういうものではないか。

国民が、今は苦しみを分かち合い、この難局を乗り切って、新しい未来を築こうと意思表示しているにもかかわらず、選良と言われる人たちと高級官僚だけが自分たちのための権力闘争を繰り広げ、蚊帳の外にいる。

民主党に肩入れをするのではない。彼らにそれほど大きな期待もしていない。けれども、今は一刻も早く選挙をすることが、この国をまともな方向に持っていく唯一の手段ではないかと思っている。

|

« 安さだけで買うな。 | トップページ | ミニバス試合観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国民は選挙を望んでいる:

» Xanax. [Pharmacy order generic xanax.]
Buy xanax. [続きを読む]

受信: 2009年2月22日 (日) 14時34分

« 安さだけで買うな。 | トップページ | ミニバス試合観戦 »