« がっかりだよ。 | トップページ | 箱根駅伝 »

2008年12月 9日 (火)

12月8日

LENNON LEGENDを観ながらビールを飲む。

ジョン・レノンの訃報を聞いたのは、三鷹市の病院だった。
明け方、バイト仲間と遊んだ帰り、仲間の運転するステーションワゴンが道路脇の電柱に激突して大破した。
エンジンまで潰れる大事故だったにも関わらず、運転していた仲間は奇跡的に軽症。
後部座席に乗っていた私も大した怪我はなかった。
それでも衝突のショックでぐったりしていた私は救急車に乗せられ、最寄の救急病院に担ぎ込まれた。
ストレッチャーに乗せられ、待合室を横切ったとき、待合室のテレビがジョン・レノンの訃報を報じていた。
「ちょっと・・・待って」
ストレッチャーを押す看護士に声をかけて、起き上がり、ストレッチャーを降りて、テレビに見入った。
しばらくして、看護士に促されて、またストレッチャーに横たわった。
ジョンが死んだことは確からしい。
「ジョンが死んだ。ジョンが死んだ」頭の中をそのことが駆け巡り、支配していたけれども、それがどういうことなのかよく分からないような気分だった。
病院でどのような検査、診察を受け、どのようにしてアパートに戻ったのか、完全に記憶が欠落している。

午後10時50分。スタジオワークを終えたジョンとヨーコはリムジンでハウスダコタに戻ってきた。
「ミスターレノン?」マーク・チャップマンは暗闇から声をかけ、振り向いたジョンに5発の銃弾を浴びせた。
セントラルパークの警察署から駆けつけた警察官二人がジョンをパトカーの後部座席に乗せ、ルーズベルト病院に担ぎ込んだ。
ジョンが亡くなったのは、午後11時過ぎ。失血性ショックだった。
このとき、病院のスピーカーから「All My Loving」が流れていたという。

ジョン・レノンが亡くなったのは、41歳。
バカボンのパパと同じ年齢である。
私自身は、その年齢を過ぎて、もう数年が経った。
「(バンドが解散しても地球の終わりじゃない)思い出したければ、レコードがある」
ジョンはそう言った。
けれども・・・あれから28年。未だにジョンを失った喪失感は消えない。

|

« がっかりだよ。 | トップページ | 箱根駅伝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12月8日:

» 化粧筆 [化粧筆]
化粧筆 [続きを読む]

受信: 2008年12月 9日 (火) 02時27分

« がっかりだよ。 | トップページ | 箱根駅伝 »