« 小室サウンドを締め出す「業界」に未来はない | トップページ | がっかりだよ。 »

2008年11月21日 (金)

エコ替えに感じる品のなさ

新しい車に買い替えると地球環境にいいのだそうだ。
けど、そう言われて、はいそうですかと車を買い替える人は一人もいないだろうな。
どこの広告代理店の仕事か知らないけれど、提案する方も、それを採用する方も相当ズレているよね。
考えているのは自分たちの利益だけだから、こういうことを臆面もなく言ってしまうのだろう。

「カンバン方式」という生産のやり方は、世界中のメーカーが習いに来るくらい優れた生産方式らしいけれど、毎日小口の配達をしなければならない上に、嵩に かかって買い叩かれる部品メーカーにとってはたまったものじゃない。要するに強い者が弱い者を腕力で従わせているだけの話なんだ。

派遣社員ってのは、便利なものだ。売れる量に合わせて生産をする、生産する量に合わせて量を調整できる。合理的だ。来月から来なくてもいいよって言われた人の生活を考える必要はない。

強い者に弱い者が従わなければならないのは仕方がない。
けれども、強い者は弱い者があっての強い者で、圧倒的に多い弱い者がいなければ成立しない。
だから、強い者は弱い者に配慮しなければならないのだけれども、「市場原理」とか言い出した強欲な分からんちんがいて、弱い者たちを放り出してしまっても社会が成立するように勘違いしてしまったのだな。

トヨタ奥田氏「厚労省たたきは異常。マスコミに報復も」
トヨタ自動車の奥田碩取締役相談役は12日、首相官邸で開かれた「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」で、テレビの厚労省に関する批判報道について、 「あれだけ厚労省がたたかれるのは、ちょっと異常な話。正直言って、私はマスコミに対して報復でもしてやろうかと(思う)。スポンサー引くとか」と発言し た。
同懇談会は、年金記録や薬害肝炎などの一連の不祥事を受け、福田政権時代に官邸に設置された有識者会議で、奥田氏は座長。この日は12月の中 間報告に向けた論点整理をしていた。奥田氏の発言は、厚労行政の問題点について議論された中で出た。「私も個人的なことでいうと、腹立っているんですよ」 と切り出し、「新聞もそうだ けど、特にテレビがですね、朝から晩まで、名前言うとまずいから言わないけど、2、3人のやつが出てきて、年金の話とか厚労省に関する問題についてわんわんやっている」と指摘し、「報復でもしてやろうか」と発言。
さらに「正直言って、ああいう番組のテレビに出さないですよ。特に大企業は。皆さんテレビを見て分かる通り、ああいう番組に出てくるスポンサーは大きな会社じゃない。いわゆる地方の中小。流れとしてはそういうのがある」と話した。
他の委員から「けなしたらスポンサーを降りるというのは言い過ぎ」と指摘されたが、奥田氏は「現実にそれは起こっている」と応じた。
asahi.com 2008年11月12日21時7分)

強い者の勘違いはもう取り返しのつかないところまできていて、「エコ替え」なんていうのは、そのひとつだと思うけれども、いい年をした財界の重鎮が(マス コミに問題がないとは言わないけれど)金の力を背景に、マスコミにも言うことを聞かせてやろうなどと言ってはばからないのは、ちょっと度が過ぎている。

品のない奴らばかりが幅をきかせている(強い者になっている)社会ってのは、やっぱりチェンジが必要なんだろうな。

|

« 小室サウンドを締め出す「業界」に未来はない | トップページ | がっかりだよ。 »

コメント

ほんとに奥田氏にはガッカリ。

ほかにも派遣業界は大変です…(泣)。
なぐさめてください。

投稿: キャサリン | 2008年11月21日 (金) 09時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコ替えに感じる品のなさ:

« 小室サウンドを締め出す「業界」に未来はない | トップページ | がっかりだよ。 »