« パパと娘の休日 | トップページ | 麻生首相のバー通い »

2008年10月29日 (水)

ありがとう。Qちゃん。

高橋尚子引退:会見で表明「完全燃焼、さわやかな気持ち」
2000年シドニー五輪陸上女子マラソン金メダルの高橋尚子選手(36)=ファイテン=が28日、東京都内で会見し、競技生活からの引退を正式表 明した。理由について高橋は「練習でどう試行錯誤しても、全力でやっても、納得いく走りができなくなった。肉体的、精神的に限界を感じた」と説明。現在の 心境について「自分の中では完全燃焼。さわやかな気持ちです」と笑顔で語ったが、会見の最後には感極まって涙を流し、顔を手で覆う仕草を見せた。
高橋選手は3月の名古屋国際女子マラソンで27位に終わり、北京五輪出場を逃した。今年5月からは米国を拠点に東京国際(11月16日)、大阪国際(来年1 月)、名古屋国際(来年3月)の3大会連続出場を目指して練習を積んでいた。しかし、自身が計画したレベルの走りができず、8月下旬ごろから悩 んだ末、10月10日に所属先からの了解も得て、3大会に出場せず引退することを決めたという。
今後について高橋選手は「具体的なことは決めていないが、多くの人に陸上の楽しさを伝えていきたい」と語り、愛好者として走り続けることにも意欲を見せた。【石井朗生】
【略歴】高橋尚子
県岐阜商高、大阪学院大を経て95年にリクルートに入り、小出義雄氏の指導で成長。積水化学に移った翌年の98年バンコク・アジア大会で2時間 21分47秒の日本最高記録(当時)を出し優勝。00年シドニー五輪で日本陸上女子初の金メダルを獲得し、国民栄誉賞も受賞した。01年ベルリン・マラソ ンで2時間19分46秒の世界最高記録(当時)を樹立。03年からスポンサーと所属契約を結ぶプロ的な活動を開始した。05年に小出氏から独立。ファイテンに所属して専属スタッフとともに活動していた。163センチ、46キロ、36歳。
(毎日新聞)

トップアスリートの引退会見は寂しい。
高橋尚子選手の引退会見は痛々しかった。
ニュース番組をはしごして、何度も何度も会見を観た。

1998年の名古屋国際。マラソン2戦目で優勝を飾った高橋尚子選手はふっくらとしていて、愛らしかった。
2000年のシドニーオリンピック。羽根が飛ぶように軽やかに走った彼女は「すごく楽しい42キロだった」と言った。
翌年のベルリン。世界最高記録で走り抜けた彼女はナイフのように研ぎ澄まされていた。

「人の2倍やって、人並み、3倍やってようやく勝てる」彼女はそう思いこんでいて、ベルリン後の彼女は、明らかにオーバーワーク、絞りすぎになっていた。
肉体的にも精神的に限界まで追い詰められていたのだろう。不安を振り切るように彼女はさらに肉体を苛めた。そうしていながら、彼女はいつも笑顔を作ろうとしていた。

王貞治選手は1980年の引退会見で「王貞治のバッティングができなくなった」と言った。高橋尚子選手は「プロ高橋としての走りができなくなった」と言った。
自らに課しているハードルが高いのだろう。

引退会見といえば、千代の富士関のそれが印象的だ。
「体力の限界・・・気力もなくなり、引退することになりました」
悔しさが滲んでいた。

高橋選手は「さわやかな気持ち」と言った。
そういう気持ちはあるだろうと思う。解放感に似たような気持ちもあるかもしれない。
しかし、やっぱり悔しい気持ちが一番強いのではないだろうか。

そんな気持ちを押し殺して、彼女はやっぱり笑顔を作って見せた。
会見が終わって、はじめて彼女は涙を見せた。
会見が終わって、プロ高橋が終わったということを改めて感じたのだろう。

「夢は叶う」という貴女のメッセージはみんなに届いているよ。
ありがとう。Qちゃん。

|

« パパと娘の休日 | トップページ | 麻生首相のバー通い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ありがとう。Qちゃん。:

« パパと娘の休日 | トップページ | 麻生首相のバー通い »