« 柳沢発言への抗議の仕方 | トップページ | ザリガニ »

2007年2月 6日 (火)

娘との対話~豊かさとはなんだろう。

カミさんから仕事が遅くまでかかりそうだという連絡が入ったので、私が先に帰宅することにした。
カミさんは営業職だから、お客さんに時間が左右されるけれど、私の場合、インターネット接続環境があれば、どこででも仕事ができるので、カミさんが遅くなりそうなときは、私が仕事を自宅に持ち帰って、娘の面倒を見ることになる。

娘の食事は、同居している両親が面倒を見てくれる。恵まれた環境だ。感謝している。

娘と学校であったこと、学童保育であったことを話し合う。
どんなことがあって、どんな感想を持ったか。どんな発言、行動をしたか。聞いていて楽しい。
それから、学校の宿題を二人でする。
親が評価する項目がある。学校も家庭教育を要求している。正しいと思う。
連絡帳に担任の先生に対するメッセージを書く。
授業参観に行けなかったことへの反省。もっと早くに連絡してもらえば、都合をつけられるかもしれないのにという愚痴。

風呂に入る。
成長期にある肉体は、内から湧き出る生命力がパンパンに張り出している。パパの腕の中で頼りげのなかったふにゃふにゃした身体はいつのまにか、張りのある一人で生きていける身体へと成長していた。パパは成長した娘の肉体をほれぼれと眺めながら、我が肉体を振り返り、もう少し身体を動かさなければなどと考える。

ひとり娘だから、嫁にやりたくはないけれど、嫁に行くまで生きていたいと思う。君が選び、君が愛した男が最初に私に面会を求めてきたとき、私はそれを拒否するかもしれない。いずれにせよ、いじめるだろう。君は「父はああ見えて優しい人だから」なんてフォローをいれつつ、カミさんに愚痴をこぼすかもしれない。パパだって、本当は、君の愛した男と仲良くやりたいんだ。披露宴でパパは泣いてしまうかもしれない。いや泣くだろう。
湯船に浸かりながらそんな先のことまで考える。

娘と床に就く。
本好きの彼女はこのごろ勝手に自分の好きな本を読みながら眠るのが通例だが、今夜に限って、「パパ、何かお話をして」とせがむ。

こういうときには、いつも古典落語を聞かせていたのだけれども、今日は、小学校二年生にはちょっと難しいかなと思いつつ「お布施」と「お恵み」について話をした。

私は落語家でもないし、宗教家でもない。

話はひろさちやさんの受け売りだ。

私「瑞穂さん(娘)がケーキをひとつもらって帰ってきたら、
  雄太郎(従兄弟)が遊びに来ていた。
  どうする?」

娘「雄太郎と半分ずつ食べる。」

私「どうして?」

娘「雄太郎もケーキが好きだから。」

私「雄太郎もケーキが好きだから、雄太郎にもケーキを分けてあげるの?」

娘「そう。」

私「それはお恵みって言うんだ。」

娘「オメグミ…」

私「お恵みはもらった人がお礼を言うんだ。
  雄太郎にケーキを分けてあげたら、
  雄太郎は瑞穂にありがとうって言うね。」

娘「雄太郎は言わない。」

私「それはいけないなぁ(笑)。
  もらった人がお礼を言う。それがお恵み。
  あげた人がお礼を言う。それがお布施。」

娘「あげた人がお礼を言うの?
  どうして?」

私「ひとりで食べるのとふたりで食べるのと
  どっちがおいしいかな?」

娘「ふたりで食べるの。」

私「そうだな。
  ふたりで食べた方がおいしいから、
  一緒に食べてくれた雄太郎に瑞穂がお礼を言うんだよ。
  それがお布施。」

娘「……。」

私「難しいな。パパにも良く分からない。」

娘「難しい…。」

私「パパもママも、瑞穂がひとつのケーキをふたりで食べて…、
  もっとたくさんの人でもいいのだけれど…、
  その方がおいしいと思ってくれる人に育ってくれたらいいなと思っているんだよ。」

娘「そうかー。」

私「そうなんだよ。」

娘「ケーキじゃなくて、お寿司も?」

私「お寿司も。」

娘は難しい顔をして、少し考え込んでいたようだったけれども、間もなく寝息が聞こえてきた。ほっぺをつついたら、寝返りをした。

私はそっと寝床を抜け出し、書斎のパソコンを立ち上げた。

すぐにでも仕事をはじめなければ、間に合わないのだけれども、娘との会話の余韻が残っていて、なかなか仕事に入れなかった。

パンがひとつしかなければシェアしようということになる。
そうしなければ、片方が死んでしまうから。
けれどもパンが三つあったらどうなるだろう。
ひとつずつ取って、もうひとつは競争になる。
強いものが取ることになる。

パンがひとつしかない世界とパンが三つある世界。
どちらが豊かなのだろうなどと娘の寝顔を思い浮かべながら考えた。

|

« 柳沢発言への抗議の仕方 | トップページ | ザリガニ »

コメント

とってもいいお話ですね。
読んだ直後は、いろいろ考えてしまって
私も仕事が手につきませんでした。

こういった話題をまたお願いします。
へへへ。

投稿: キャサリン | 2007年2月 7日 (水) 09時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 娘との対話~豊かさとはなんだろう。:

» 結婚式と披露宴 [結婚法則@結婚式・スピーチ・新生活]
「結婚式」の最大の目的は、ふたりが人生をともに歩んでいく決意をし、それを誓うことにあります。  [続きを読む]

受信: 2007年2月 7日 (水) 11時50分

» さて、授業を始めます。 [○○○が脱いだ??]
今日の授業はすごいわよ。もうひーひー言わせますからねw [続きを読む]

受信: 2007年3月 5日 (月) 03時45分

» スピーチの注意点【結婚法則】 [結婚@結婚式・スピーチ・新生活]
結婚式のスピーチの際に気をつけるべきポイントをご紹介しましょう。1.スピーチの時間結婚式のスピーチでは長い話は控えましょう。時間にするとおおよそ3分程度が適当です。これは400字詰め原稿用紙なら2~3枚程度になります。実際に自分が作った原稿を読んで...... [続きを読む]

受信: 2007年3月18日 (日) 21時58分

» 結婚式服装レンタル利用の薦め【結婚法則】 [結婚@結婚式・スピーチ・新生活]
最近はレンタル衣装を利用している人が多いと聞きます。結婚式の服装はなにも新調する必要は無く、レンタルで済ませるという人も増えていると聞きます。レンタルというと聞こえが悪いでしょうが、ものは考えようです。考えようによっては芸能人ではあるまいに、個人...... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 19時56分

» 結婚式服装・男性の基本【結婚法則】 [結婚@結婚式・スピーチ・新生活]
成人男性なら一着は黒の礼服を新調しておきましょう。結婚披露宴の場合でも黒の礼服に白ネクタイが基本です。パーティー形式ならば問題ありませんが、基本的には結婚式場ではやはり礼服です。しかし、男性の場合、礼服かスーツかで悩む人も多いでしょう。若い人ほ...... [続きを読む]

受信: 2007年3月19日 (月) 23時55分

» 結婚式のアドバイス【結婚式@アドバイス局】 [結婚式@アドバイス局]
突然のTB失礼します。 結婚式にまつわるブログを作成しました。 もしよろしければ、遊びに来てくれると嬉しいです。 それでは、失礼いたします。m(_ _)m [続きを読む]

受信: 2007年3月27日 (火) 00時36分

« 柳沢発言への抗議の仕方 | トップページ | ザリガニ »